October 30, 2005

■色と心理

前回書いた色の話。

あれから昔読んだ本をまた読み返してみた。



サイトにもちょっと色のことを書いてますけど、

色は常に私たちに語りかけてます。


毎日、何気に選ぶ服の色や、自分の部屋のインテリアの色。

ネットデビューしてから気づいたのは、サイトの色も。

これらにもその人の心理が反映されてます。


表現するものには、すべて心理があるんですね。


代表的に使っている色や色の組み合わせを見ると、

それを作った時の自分の深層心理がわかります。


色の見え方に、ある法則がいくつかありますが、

これは公共の場でもたくさん利用されています。


一番目立つ赤を利用した信号機や、危険を知らせる黄+黒の

組み合わせも、よく見ますね。



あと、一つの色には反対色があります。

見つける簡単な方法は、一つの色をしばらくじっと見つめて

パッと白い背景に目を移すとその色の反対色が現われます。

この反対色のことを補色といいます。


ドクターの手術着に緑が多いのは、この理由からだそうです。

内臓や血液の色は赤です。この赤い色をそれこそ何時間も

見ているドクターは、手術後、病院の白い壁に目を移すと

その白い壁に緑色の内臓の形がクッキリ現われるため

視覚的ショックが大きいのだそうです。

そのため、手術着を緑にすることで和らげているのです。


赤い色は、時間を長く感じさせる効果があります。

たとえば赤い部屋に短時間いても、長く感じます。

逆に、青い部屋は時間を短く感じさせる効果があります。


長〜くいて欲しいのなら、青い部屋がいいですね♪

逆に短くしてお客様の回転率を上げたいのであれば、

赤が基調の部屋にすると良いでしょう。

これって、ファーストフード店の色?

あ、結婚式場などにその例は多いですよね。


そうするとサイトの色も考えてしまいますね。

私は赤が基調ですので、あんまりゆっくりしてもらえない?(涙

ん〜・・・・・



色には、体感温度もあります。

もちろん、赤は暖かい色で青は寒い色です。


本で読んだ、ある工場での話。

その工場のカフェが青い壁だった時、

『寒い!』という従業員からのクレームが多いので

温度を上げたが解消できず、壁の色か?と考えて

壁の色をオレンジ色に変えたところ、

以前より温度を下げたにもかかわらず、

クレームがピッタリなくなったそうです。


この暖色系と寒色系の体感温度の差は3度にも及ぶそうです。


あと、自殺の名所と云われるほどだった、ある黒い橋を

緑に変えたところ、自殺者がいなくなったというのです。


緑は癒される色ですよね。


色が人の及ぼす影響はとても大きなものです。

しかも日々色に囲まれている私たちは、

この色を活かさないというのは惜しいことですね。


今、あなたが触れたい・欲しいと思っているその色。

きっとあなたの何かを表しています。

探ってみませんか?

色のメッセージ―自分の心を映し出す不思議な力


夢を叶える開運法
○。Fortunate cafe。○  

Posted by blog_kaiun at 01:03Comments(0)TrackBack(0)

October 28, 2005

■自分の心の奥を表現する

今日は、友人のダンスの練習に付き合いました。

大きな舞台で自分を思い切り表現してるダンサーの人たちが

とっても眩しかった♪


音楽(演奏)や絵、文などもそうだけど、

人間って基本的に、『自分を表現したい』ものですよね。


先日聴きに行った、講演会での話の中に、

『機微』というのがあった。


この話は、他の日記で書いたけど、

機微というのは、

人の中には、言葉や行動では表現しきれないものがたくさん

詰まっていて、そのほんの一部分だけ(氷山の一角)が

意識で捉えられているって話。



この表現できない部分を、文学や芸術と分けられてる世界で

思う存分表現する。。。

何だか羨ましくなりましたね〜。


舞台では小さな子供達も踊ってましたが、実に楽しそう♪


そういえば、子供って無限といえるほど、絵を描きますよね。

あれも、言葉にならない深層心理を描いてるってことを

以前少し学びました。


この分野、すごく面白いんです。


まだ、社会(概念?)が心の中に入ってない子供達が、

自分の心の赴くままに描いた絵。

そこに表現される絵の、『色や形』には

共通性のある、深層心理が隠されているそうです。


たとえば、、、、

形でいうと、大きく、丸いものはお母さん。

クジラ(大きな動物)やなだらかな山(よく背景に使います)。

子供たちがよく描く『お家』もお母さんだそうです。


お父さんは、尖ったもので表現されるらしい。

塔や、尖った山、そして、代表的なのは太陽です。

この太陽の大きさって、お父さんとの関係を表してるみたいですよ。

画用紙の上角に、半分しか出ていない太陽って時々みますよね?

ちょっと、心の中にお父さんの存在感が少ないのかも?です。


子供って、やっぱり両親が一番大切な存在ですが、

色でいうと、『赤+黒』の組み合わせは、お母さん不在の暗示です。

(精神的なものも含む)


黄+黒の組み合わせは、お父さん不在の暗示だそうです。

赤と青の組み合わせは、気が強い、とか、

黄やオレンジは愛情を求めている色。甘えたい色。

逆に、青は自立の色。


この青と黄の組み合わせは、思春期によく出る色組み合わせ。

自立と甘えの葛藤。大人と子供の中間でアンバランスな自分?


紫色が多いときは、病んでいる時。

蝶が外へ向かっている絵は、何かが行ってしまう暗示

内へ向かっている絵は、何かが来るという暗示。

虹や線路は、希望へ向かいたいと願っている暗示。


これ、子供に限らず、大人も云えますね。

社会概念が浸透している大人は、心の赴くままに

絵を描くことは、あまりナイかもしれないけど、

実は、使う色には心理が反映されてたりします。


直感で、使いたい色をキャンバスに塗りたくることも

なかなか良いストレス解消だと思います。

絵を描くことで、その色を使うことで、

心の奥で表現したかったことを無意識に描き出す。


これは、子供にも大人にも良いことですよね。


私もたまに描きますが、スーッキリしますよ。


後で、その絵(色)をもとにその時の自分を分析するのも面白い。


こういう心の奥を見つめることって、

開運しようと、する前には、ぜひ試して欲しいですね。


自分がどういう風に開運したいのか?って

意外な気づきがきっとあります。


色は不思議です。

色の世界で、自分を再発見できますよ。

色彩心理の世界―心を元気にする色のはなし


末永蒼生さんの世界は、とても優しく

ずーっとひたっていたくなります。


色って、目から吸収するビタミンです。

自分が心の奥で欲している色を知ってみませんか?



 夢を叶える開運術!
○。Fortunate cafe。○
  
Posted by blog_kaiun at 00:18Comments(2)TrackBack(0)

October 26, 2005

■占いの著作権・・・?

今まで、たくさんの占いの本を読んできたけど、

この占いの本、というか占い業界?って、

ん〜?なことも沢山ある。



こういうことは、他の業界にもあるんだろうけど、、、

私がしている占い自体、どういう流派のものなのか

実は私はよく知らない。


でも、誰かが考えた、もしくは昔のものを研究して

公開した誰かがいるわけですよね。


そこで思うこと。


著作権って、、、どうなってるんだろう?



そう思うようになったのは、ある部分を学んでいる時。


その部分が書かれている本をいろいろ買いました。

すると、まったく別のことだったり、

まったく同じものがあったりします。

違うのはさておき、同じもの・・・は、

形は同じだけれど、使い方が違う、というのがあった。


これ、どういうことだ??と何も知らないわたしは

あれこれ悩ませられていた。


後にわかったことですが、

たとえば、ある有名な方が本を出すと、

すぐにそれを真似て出版する方がいるというのです。


本当かどうかわかりませんが、少なくとも、私が購入した

本には、同じと思わざろう得ないものがありました。


どうして、真似とわかるのか?というと、

使い方が違うから。


そういう使い方自体が一つの流派なのでは?と

思いたくなるが、そうではなさそうです。

どうも、それ自体の基本部分(骨組み?)がナイみたいな。。



こういうものの著作権って、どうなるんだろうな〜と

私自身、開運方位を公開するにあたり、ちょっと考えました。


ま、私の場合、あんまり流派らしきものがナイようですが、

そもそも、占いの基礎部分って、著作権的には

どうなるのだろう?


だって、たとえば、九星氣学でいう、一つ一つの

星の象意など。

これ、大体どこも同じですよね。

これは著作権とは違うのかな。


何だかよくわからないけど、、、


私自身、一応学んだものの、『効果があるから』ってだけで、

調べて使っていた開運法ですが、今、その骨組みを学んでいます。


毎日毎刻の盤を作っているのですが、その作盤法の基本は

知っているものの、それが何故か?の部分はよくわかってません(涙)


やっぱり自分で使うものですから、知りたいですよね。

せっかくだから、そのルーツも知りたいと思います。


自分でちゃんと噛み砕いて、皆さんにシェアできるといいな!


頑張る!




▼あなたの夢を叶える!
○。Fortunate cafe。○


▼【無料】あなたを守る『用神』お調べします!

あなたの氣のバランスを守るための色や行動です。

ご希望の方は、
  ・生年月日(わかれば時間も)
  ・生誕地
をご記入の上、下記までメール下さいね。
info@kaiun24.com  
Posted by blog_kaiun at 15:07Comments(0)TrackBack(0)

October 24, 2005

■許す ということ

ある人から、

自分の年老いた母親を見舞いたいから、

一緒に着いてきて欲しい、と言われ、

ある老人ホームへ行ってきた。



私に同行を頼んだ人は、もう60代後半の女性である。

見舞う母親は90代。


この人は、幼い頃母親に虐待を受けていたそうです。

そのせいで、この年齢になるまで、心をずっと病んでいたと

私に話してくれました。



開運をテーマに、いろんな方とお話していますが、

この方の心はなかなか癒えず、難しい心の病気でもありました。



母親とは、50代までは親族の行事などで会うことは

あったものの、やはり会うと心が荒み、すっかり会えなく

なってしまっていました。


母親のほうは、とても頭が良い人で、

株などで儲けるような、とても痴呆症など縁のないような

やり手で頑健な方だったそうです。



ホームへ着くまで、やはりいつも通り、母親への恨み辛みなどを

延々と吐き、相変わらず、かなりの確執ぶりでした。


どうなることやら・・・、と氣が重い私。



ホームへ着くと、母親が狭い部屋のベッドで寝ていました。

私たちが入ると、しばらく見つめ、ハッとしたように

起き上がろうとするけれど、もう足腰は立たず、

助けられながら、辛そうにベッドへ座りました。


真っ白な髪。

不謹慎にも、『あぁ。。もう長くないのかな・・・』

なんてことを思ってしまうほど、聞いていた話の中の

母親とはずいぶん違いました。



そんな私と同じ思いだったのか、

あれだけ罵詈雑言を吐いていた彼女は、

思いがけず優しく語り掛けていました。



ところが・・・

その母親はしきりに何度もこういいます。

『本当に○○○か?変わってしまったね〜、、娘じゃナイみたいだよ』と。

そして、

『今まで、ずーっと見てなかったから、そう思うんだよ』と。


見舞っている間中、それを繰り返します。


彼女はそれに気づいてナイのか、、、

『どう変わったのよ?老けたっていいたいの?』などと

相変わらず、母親の言葉を嫌味にとっている様子。



私は、二人のことは、聞いたことしかあまり知らないが、

それでも、この年老いた母親の気持ちが伝わった。



早くきて欲しかった! って言いたいんですよね。


同じ会話ばかり繰り返す二人・・・



すると突然、母親が、


『どうしてこんなに長く来なかった・・・?』と涙をポロポロ流したんです。


彼女の顔が私からはよく見えませんでしたが、

たぶん、ハッとした様子。


次の瞬間、彼女は母親を抱いていました。

そして、辛かったことなどを母親へ向かって、

支離滅裂にぶつけていました。



さすがに部外者の私は、部屋の外へ出ました。

少し涙が出ましたね・・・。


あまりにも長い間、彼女の心を占めていた

母親へ向かう(慕う)気持ちを知っていただけに。


私は、母親のほうはあまり知らないし、、

虐待についてのことを意識しているのかどうか

わからないけれども、、、

子を想う気持ちは確かにあります。



それと同時に、気づかずに子供の心を傷つけている

ということがあるのかもしれない、、、

そして、そういう心のすれ違い、言葉やいろんなことの

すれ違いで、こんなにも長く葛藤を抱えてしまうということを

すごく怖いと感じるし、相手にすべてを伝える、ということが

なんて難しいのだろう、、と、やり切れなく感じました。




帰り道、彼女が言った。

『もっともっと嫌味を言いたかったけど、

お母さん、すっかり変わってしまってた・・・』



彼女が心から母親を許す時がいつくるだろう。。。?


その時、きっと彼女は初めて癒され、改めて自分の人生を生きなおすのだろうな・・・

と思いながら、帰りました。




恨み、とか、怒り、などからは、良いものは生まれないって

簡単に私は話してますけど、

それぞれの事情に触れると、自分など、浅い人生なのかな、、と

心苦しく感じてしまいます。


でも、それでもやっぱり、

抱える悩みの究極のところは、『許す』とか『愛』とかいう

モノにあると感じます。


今日は、ちょっと重い日記でした(^^ゞ


  
Posted by blog_kaiun at 01:40Comments(2)TrackBack(0)

October 22, 2005

■機微・機宣・機関・・・

機微を見つめる』という本を読みました。


昨夜、この本の著者である山田真理子さんの講演に

行って来たんです。



仏教で、人間とは機という言葉で表されたりするそうです。

そして、

『機微なる存在』
『機宣なる存在』
『機関なる存在』

であるというのが仏教での一つの人間観だそうです。


これ、全部意味わかります?

私、サ〜ッパリわかりませんでしたー(^^ゞ



『機微なる存在』の機微。

機微の『微』、というのは、ただ量が少ないという意味ではなくって、

ちょっとしか見えないけど、少ししか出していないけど、

その下には、大きく深いものがある、という意味だそうです。


少ししか見えてないけど、私達の心には、

とてもドロドロした欲望があったり、すごく美しい心があったり、

とにかく、見えない、意識できないものがイッパイ詰まっている。

意識でとらえられているのは、実はその中のほんの一部だけだと。。


でも、そのわずかな部分だけでも、それを入り口として

自分の心の奥を見つめることができる、と。


少ししか意識されないけど、

確かに心のうごめきに連動している『微』の存在こそが、

その人を動かしているそうです。


自分の意識や行動を根っこの部分で動かしている

エネルギーの塊を心に抱えた存在が

『機微なる存在としての人間』であり、

それはわずかにしかとらえられないが、

常に表現されることを求めているような存在、

それが人間なのだ、ということです。



二つ目の『機宣なる存在』

『きざ』と読むそうです。

これは、よくセミナーなどを聞いている時に、

『うん、そうそう!』なんて頷くことありますよね?

あれが、機宣の『宣』だそうです。


セミナーをする側の人も、誰も頷かないと話づらいですよね。

機宣なる存在である人間とは、

そうだ!と思うと自然に頷き、また、

頷けるものを求める存在だということです。

さらに、頷いて聞いている自分のあり方に気づくということであり

そんな出会いを求める心の発見でもあると。。。


心の通じあえる人や、心を分かってくれる人を

求め続ける存在であるということだそうです。



最後の、『機関なる存在』。

機関は『動く』ということだそうです。

そして、人と関わる、関わろうとすること。

先の、『そうだ!』と思い頷き、そして行動に移すのが

人間本来のあり方なのだそうです。

『感動とは感じて動くと書く』の相田みつをさんの言葉もありました。


いま、頷くことまではしても、動くことまでいかない人が

多くなっているとの事。。。




人間とは、自分の心の中に、言葉や行動で表現しきれない

ものを持っている。

そしてそれを他者と共感し合い、共感したら、態度で示し、

行動で表す。


これが本来の人間のあり方。


だとしたら、現代人の私たちは、本当に自分の心の中を

見つめようとしているのだろうか?と。。。



すごーく考えさせられたんですよね。


うなづきはしたものの、いろんな理由をつけて

自分の行動にストップをかける。

面倒だとか、ナンだとか、、、



人って、じっくり考えるとたいていは『やめておく』

という方に結論付けてしまう傾向にあるそうです。


失敗を恐れることは、大切なことなのかもしれませんが、

失敗がなければ、それで良いというワケではないですよね。


自分にしか生きられない人生を、自分らしく生きようと思ったら、

人間本来の姿である、

『機微』を見つめ、
『機宣』を求め、
『機関なる存在』として

生きることが大切だと書かれてありました。


開運方位を使う時にも、必要なことだなと思います。

運を自分で創るというのは、機微も機宣も機関も

なくてはならないことですね。。


方位を選ぶことは、自分の『機微を見つめる』ことが

できるように思います。


単に○○が欲しい、だけじゃダメってことですね。



あなたの夢を叶える!
○。Fortunate cafe。○  
Posted by blog_kaiun at 17:18Comments(0)TrackBack(0)

■生まれ変わり―自分の人生の計画

生まれ変わり。


あると思います?


私はあると信じてます。


・・・っとゆーか、そうだろうなって思ってます。

そう思うようになったのは、いくつか理由があるんだけど、


一番は、ある本の影響です。


占いを学んでいる時、友人知人たちをデータとして

生年月日をたくさん集めて鑑定してました。

すると、その友人知人の友人知人、そのまた友人知人、、、と

だんだん増えてきてしまって。。


いつの間にか、

プロでもナイのに、毎日悩み事を聞く日々になっていきました。



すると、悩みの統計みたいなのが、

自分のアタマの中にできてくるんですよね。



一見、悩みって十人十色だと思うでしょ?

だから100人の人がいると、100通りの悩みがあるって。


その100種類の悩みを解決する方法となれば、

いったい幾通りあるだろう?って。


でも、実はそう多くないんですよね。

少なくとも、私の中の統計では、

悩みの種類って、2〜3個くらいです。



基本的な解決方法も同じくらいです。

いや、解決方法は、もしかして一つだけかもしれない。


ドラマの設定のように、いろんな背景は違ったりしても、

テーマみたいなものって、そう違いはナイでしょ?


視点は違ったりしても、究極の部分は同じだったりします。


それが、悩み相談をしていた頃に気づいたことです。


だとしたら、

急に話が大きくなりますが、

人間って、自由自在に変われるんですよね。


どう生きようと、自由。

あ、だけど『自由』という感覚を阻止する『枠』はあるし、

そもそも自由という言葉にはいろんな定義があるのですが、

実は、そういうことも選択できるのは自分なんですよね。


つまり限りなく自由なんですよ。


いや、私は絶対自由がナイ!


と感じてる人は、自分で自由を失くしてます。

先の『枠』の中の一つに、家庭のことがあったり、

学校のことがあったり、社会のことがあったりします。


でも、家庭からはみ出そうが、学校から抜け出そうが、

社会からはじきだされようが、それを最初に選べるのは自分ですよね。


でも、家庭を大切にしよう、とか

学校をちゃんと卒業しよう、とか

人に迷惑をかけないように生きよう、とか

そういう枠を自分に課しています。自分で。



悩みを聞いてると、必ず思うことがあります。

悩みの重い人、というか、同じことをずーっと悩んでる人。

そういう方たちは、枠が多すぎます。


別に形だけではナイですよ、心の枠もしかりです。


○○はこうあらねばならない。

○○は、○○してくれない。


そして、必ずそれを環境のせいだと錯覚してしまいます。


これは、とても残念なことですよね。。。


だって、自由に、生きたいように生きれるのに、

わざわざ、生きにくくしてしまってる。


これは誰のせいでもなく、自分の選択です。


そう思っていた時に出会った本がありました。

ベストセラーだったので、ご存知の方も多いでしょうが、


輪廻転生という何か宗教のようなテーマですが、

それを、『科学者』の立場の方達が実証している例が

多く書かれてあるんです。



退行催眠という治療法があるそうですが、

その治療中に、前世まで戻ってしまったという例。

その前世が、現実にあったという事実。


幼い子供が、前世で生きた外国の言葉を流暢に話したり、

生まれる前の、知るはずもない事実を知っていたり。


いろんな例が書かれてありましたが、

その本では、人はどうして生きるのか?という部分で、


自分がこの世に生まれる前の世界で(中間生とかあの世?)

自分の次回の人生の計画を立てる、というのです。


『つまり、現世で起こる様々な問題は、

実は自分が計画したものであって、

それを解くために、この世に生を受けた』とあります。



これを読んだ時、今まで鑑定をしていた中で、

モヤモヤしていた、バラバラのモノが

一つの線で結びついた感じがしました。



人って、魂だけなんですね、たぶん。

肉体は現世での借り物。

もちろん借り物だから、大事にもしなきゃいけないけど、

それより、なにより、何を学ぶために自分が生まれて

きたのか?って、

考えるのは、とても面白いことだと思いますし、

それが最重要課題だと思います。


課題にはいろんなモノがあるでしょうが、

実はとても基本的なことだと思います。

その方のレベルに応じた課題があるでしょうが、

テーマはすごく根本的なわかりやすいことだと思います。



その課題がやってくるたびに、キチンと向き合って

クリアしていくことで、人生はレベルアップしていく。



人生を難しくするのも、枠だらけにしてしまうのも、

その方の選択のしかたです、、が!

人生は、敗者復活制ともありました。


今からでも遅くないんですよね。

気づいた時が、チャンスってことですよね。


この、何が課題なのか?とか

どうすれば良い解決ができるのか?

その方の飛躍のチャンスを見極めて伝えてあげられるような、

そんな占いのアドバイスができると嬉しいです。


なんてことを思いながら・・・眠い、、もう寝ます(__)。o○



夜の睡眠って、自分の魂が中間性に帰って

リフレッシュする時間だそうですよ。


もう2時になるぢゃナイですか。あ〜あ。



本は、飯田史彦さんの『生きがいの創造』です。



あなたの人生、あなたが創る!
○。Fortunate cafe。○


  
Posted by blog_kaiun at 01:44Comments(0)TrackBack(0)

October 16, 2005

■願いが叶う『ボージョボー人形』

某バラエティー番組で紹介された【ボージョボー人形】が

非常な人気らしく、在庫がほとんどナイとの事。

この可愛い人形は『願いが叶う』という不思議な力があるらしく、

そこが人気の秘密みたい。


願いが叶う♪


となれば、私も気になります〜♪

私のテーマなんですから。


で、早速在庫調べ・・・


値段が違うのがあるみたいですが、

定価は2000円台の様子。

どうも偽物も出回っているらしい・・・。


で、相場よりほんのちょっと安いけど!

正真正銘の本物だというボージョボー人形を見つけました。





これ、2480円。

きっとココもすぐに在庫切れになるかも。

男の子の足を組むと、愛の成就
後ろで手を組むと、金運アップ
二人の腕を組ませると、健康運アップ だそうです。

長さが15〜20僂らいですので、
携帯に良いですね♪


あなたの願いを叶える!
○。Fortunate cafe。○
  
Posted by blog_kaiun at 16:52Comments(0)TrackBack(0)

October 14, 2005

■失くし物が見つかる術♪


午前中はお天気もよく、午後はゆっくりしよう!と、

メールチェックを急ぎの用件だけ済ませ、

久しぶりに基礎の部分を復習してみた。


それを学んでいた頃は、すごい量のモノでも

実践をしていくうちに、実践に出てこない事象など、

自然淘汰されていく知識もあったりして、

復習すると、そっか〜、、なんてこともよくある。


今日もやはりそれがあって、もう少し詳しく思い出そうと、

当時の虎の巻ノートを出そうとすると、、、、


ナイ・・・・?

あれれ?これ、先日使ったから、ここ辺りにあるはずだけど・・・


無い。

いやいや、2階の部屋へ持っていってたかもしれない・・・


無い。

おかしいなぁー・・・やっぱりここだと思うんだけど・・・


無い。


2階に持っていった記憶は一切ナイ。

なのに不思議なもので、あるべきところにないと、

こんな空想の体験を作り出してしまう・・・?(^^;



あ〜〜〜もうダメ! と、机に座り万年暦を開く。



今日の日盤を見る。その上に時盤をのせる。


探しているものは、虎の巻ノートだから、九紫になるかな。

すると、乾宮で二黒がのり、巽宮で七赤の上にのる。



やっぱりココのはず!と机のそばの棚から、すべて本類を出すと

難なく見つかった。壊れてるケド、捨てられない雑貨などを入れた

籠を置く棚。その上の段に、ギュウギュウに押し込んでいる本や

ファイルの中から出てきた。


家の中心からの方位では南西。

自分が同会法をしている場所からいえば、西。



なるほどね〜。。。



おっと、そんなことより! と、机に戻り、虎の巻きをひらく。



ん・・・?

で、、、ナニ調べるんだったっけ? え゛・・・?




アタマの中は、棚の本たちと同じ状態。

やっぱり、スッキリ整理しよっ!


また机を立ち、棚の本たちを引っ張り出し、整理を始めた。

これはすぐに使う・・・これはしばらくはいらない・・・これは・・・


とやって、どうにか使用頻度別仕分けがすみ、それを

まとめるのに、クリアボックスに入れようと・・・・


あれ?クリアボックスが無い?

えーっと、覚えがあるのはずいぶん前だな・・・・

えーっと・・・えーっと・・・



同会法は、私になくてはならないモノです。(^^;

もちろん、自分の家だから、いろいろ推理ができるのでしょうが、

キーワードを知るだけでも、ずいぶん違うと思うので、

よく友人達にも教えます。



氣学って、一部では蔑まれてる感もありますが、、

そんなことないと思いますけどね〜

かなーり便利です♪


モノは使いよう♪

何であれ、『道具』なんですから。

私的には、便利な道具!なら何でもOKですよ♪




あ、、氣学で、同会法や鑑定などを学ぶ時に重宝したのが、

九星気学占いを始める人のために 遠藤尚里です。

一般書だけど、内容はかなり充実しています。

ずっと前にもう一冊欲しくて、探したんだけど在庫なしでした、が!

やっと!見つけました。でも、古本です。

やっぱりみんなイイものは知ってるんですね。。


現時点で一番安いので、2980円ですって。

他は4000円〜です。


私は定価の1600円で買いましたが、こんなに高くなるんですね〜?



まぁ、売ってくれる人がいるだけ、ありがたいですね。

それくらい私は役に立ちましたよ。


同会法も鑑定も実践がたくさん載ってて、ワクワクします!

これだったら、独学できます。

九星気学占いを始める人のために 遠藤尚里



開運したいあなたはコチラ!↓
○。Fortunate cafe。○

あなたを助ける!用神の無料鑑定はコチラへ

↑お名前・メールアドレス・生年月日(わかれば時間も)は必ずご記入下さいませ。



  
Posted by blog_kaiun at 22:46Comments(0)TrackBack(0)

October 11, 2005

■逆吉の法!用神を無料でお調べします♪


凶をハネ返し吉を取る。

【用神】を無料でお調べ致します。



神社などで頂く、お守りってありますよね。

ああいうものになるのかな。

私がしている占いに【用神】というのがあります。

自分の運勢に足りない氣を補うものです。

ちょっと、用神についてのレクチャーと体験談を・・・。




天地万物は、陰陽に分かれている

という考え方があります。

  男は陽、女は陰
  天は陽、地は陰 など。
  
さらに、それらは【五行】に分かれています。
【五行】というのは、木火土金水 です。

木は火を生じ
火は土を生じ
土は金を生じ
金は水を生じ
水は木を生じる

という流れがあって、
それぞれのバランスで上手く回るという考えです。

でも、人は何かが足りません。
足りない時、周囲にいる方が補ってくれていることも
あります。

一緒にいると何故か事が上手く運ぶという人がいませんか?
たぶんその方は、あなたがほしい氣を持っているのでしょう。

また、あなたの行動(仕事?)自体が生んでいる氣もあります。
それはきっとあなたの氣を補うものだと思います。
天職?ということになるのでしょうか。
その行動をすることで、あなたの運が安定している。


これを【用神】といいます。

主に『色』で使っています。『用神色』です。


この、用神色。
意外と皆さん無意識で使っている方が多いです。
潜在意識というか本能で、欲しているのかも。

私は黒です。

占いを始めるずっと前、営業系の仕事をしていましたが
その仕事が年々忙しくなり、全国各地飛び回っていました。
尋常ではナイ忙しさに、やりがいや面白さを感じる反面、
かなり心身共に疲れていたのかもしれません。

その頃の私の部屋のインテリアも服もすべてが真っ黒でした。
黒が好きなわけではありませんし、どちらかというと
赤や白が好きです。

意識下の自分が選ばせていたのかもしれません。


もう一つ、ちょっと怖い話。

占い師の友人と二人で吉方位旅行をしようと計画をたてましたが、
急なことで、良い宿泊先が見つからず、
まあまあな方位を選んで、シーズンオフの
空いていた旅館に決めました。

旅館は離れの部屋で、周りにいくつかの棟がありました。
友人とその部屋に入り、ゆっくり休んでいると、
外で、ざわざわと沢山の人の気配がしました。

その人達は、私たちの隣の棟に入った様子。

『こんなシーズンオフに、お客さん多いんだね〜』

と友人と会話したのを覚えています。

すると、また多くのざわめきが起こり、
今度は、離れの下方にある、大風呂のほうへ行った様子。

これからお風呂に入ろうとしていたので、
『うわ〜、今多いだろうね〜』
と気乗りしませんでしたが、食事前に温泉入りたかったので
まず友人が先に大風呂へ。



戻ってきた友人が言った。

『お風呂、誰もいなかったよ?』


そのまま私もお風呂を済ませ、
夕食をとり、部屋で占いの勉強をしたんです。

その時、用神についての話をしました。
私はオニキスのブレスをはめ、
友人は、用神色の筆箱を使っていました。


朝から聞いたことですが、
その夜、友人は一晩中うなされたそうです。
私はそういうこともなく、ぐっすり眠ってました(^^;


次の日、シーズンオフのため観光するところもなく
早々に帰ることにしました。
部屋を何度も確認し、忘れ物チェック。


高速バスの乗り場までタクシーで行き、
少し待つと、すぐにバスが来ました。


その高速バスが高速道路に入った時でした。

友人が、『用神の筆箱がナイ!』というのです。


さ、眠ろう♪としていた私は、ハッと自分の左手首を見ましたが
ブレスがありません・・・(涙


友人はバッグをひっくり返して探してました。
が、、、見つかりませんでした。もちろん私も。



私は霊感などナイと思ってますので、

こういうことよくわかりませんが、


いたのでしょうか?

あのざわめきがそうだったのでしょうか?



思い返すと、お風呂から戻ってからの友人は

ずっと浮かない顔をしてました。


たぶん何か感じたのでしょうが、私に気遣ったんでしょう。

何も言わなかったから。



・・・ということがありました。


用神が守ってくれたのかな。

今はそう思ってます。



それからは、たとえすごくイイ吉方位だとしても

目的地での旅館をかなり厳しくチェックするようになりましたね。



怖いのは大嫌いです。(汗)

妙に安い旅館などは、サービスが良くてもアウト。

開運するんですから、それなりのところへ予約します。



本当は、予約前に電話して


『そちらは、過去に何かありませんでしたか?』


とお聞きしたいところですが、さすがに失礼かな、と。(^^;




用神を調べてあげた依頼者の方や友人知人も

それぞれの体験をお聞きしました。

壊れたり、はじけたり、失くしたり、様々です。




凶なことも、自分の運勢の一部かもしれません。

たった一度の人生、凶なんか受けてるヒマはナイ!



そのまま受け入れずとも、ハネ返せるのであれば、


バンッ!とハネ返し、吉を取る!!








ということで、長〜〜〜くなりましたが(笑)

【 ブログ読んで頂いた方へ用神をお調べさせて頂きます! 】

もちろん無料です。

内容は、

・その方の用神色と、用神の行動です。

※用神の行動のほうは、すぐにできるような簡単なことです。
 職種などの具体的なことは、すべて鑑定になりますので
 とても無理です。ご了承下さい。


ご希望の方は、生年月日時とメールアドレスをお知らせ下さい。

お名前は必要ありませんが、ハンドルのみお願い致します。

コチラまで⇒ info@kaiun24.com





その後、新しいブレスを買いました。

またオニキスです。

これ、別に石じゃなくていいんですよ。

ない間は、普通の黒ゴムをはめてましたから(笑)

格好悪いけどね(^^;


色が大事ですから、時計でもいいでしょうね。

ネクタイピンやネックレス等々。

条件は、他人からその色がハッキリ認識できること、です。

見えるところに常時身に着けます。

ぜひお試し下さい。


凶をハネ返したら、吉を取る!!
■開運.COM■


  
Posted by blog_kaiun at 01:03Comments(0)TrackBack(0)

October 05, 2005

■あなたの成功法がわかる!


おかの佑香流【成功法占い!】

何だか楽しく作れました(^^*



易卦をかなりの独断と偏見で作成(笑)

これ、結果をすべての卦でつくれば、もっと面白いだろうけど、

残念なことに、数の制限があるので無理!



こんなのがあるんですねぇ〜。


あなたは成功します。

この易卦を参考に、ガンガン進みましょう!!


【あなたの成功法☆―易卦占い―】
是非お試しあれ♪



  
Posted by blog_kaiun at 12:34Comments(0)TrackBack(0)