September 21, 2005

■待ちに待った!授業が始まった♪

d4ae5b2b.jpg
授業は3〜4人で一クラス。
一番困ったのは、講座の進み方がとても遅いこと。

授業中は、先生が話すことを一語一句ノートに書きとめ、
授業が終わると、すぐに近くの喫茶店に寄って、
その日受けた授業内容を完璧にマスターした。

家へ帰ってからは、別のノートにまとめなおして、
すぐにその内容で多くの鑑定を試みた。
データサンプルは知人友人たち。

そんな調子だから、次の授業では、復習は必要なかった。
なのに、遅れている人に合わせて授業がある。
それが普通だろうし、商売としての側面もあるだろうけど、、

それは、困る!(--;)と思った私は、
なんと、前回受けた授業内容が絶対わかる!という
完璧なレポートを作成し、
同じクラスの人へ『早く進もうね!』と渡した(^^;

なんて、傲慢な態度だろう・・・と思わナイでもないが、
とにかく進みたかった!!(><。
どー思われよーと、どーでも良かった!!(^◇^;


それを先生が見兼ねたのか、同クラスの方達の気遣いか、、、
私はある時から、マンツーマンクラスになった。

ラッキー♪と、自分のペースでドンドン吸収していった。

一応、一通りの授業が終わった。
あと少し残っていたが、ソチラは興味がナイものだったし、
ここの講座は、最後に初級クラスを受け持ってから卒業という
流れだったが、その前に辞めた(;^^A

よくわからないけど、、
『もうここで学ぶものは、ナイ』と傲慢にも感じたんです。

それからは、大家と云われる方へ臆面もなくコンタクト取ったりして
やっぱり傲慢に学んでいきましたね。(笑)

本もたくさん読みました。今度は独学です。
でも、専門書って高いんですよね〜
苦しかったです!!
その書店の目録を見てると、よだれが出そうでしたよ。
少しずつ買って、貪るように読んでた(笑)

運命なのかもしれませんね。
こんなに必死になることは、稀です。
子供の頃から〜今までで、ホント数えるほどです。

『好きだから』というより、『憑かれてた』って感じです(笑)





占いを学びたい!占い師になりたい!って方はコチラ
     ↓
○。Fortunate cafe。○


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blog_kaiun/50033360