December 23, 2005

■魂のレベル


普段ほとんどテレビを見ない(見れない:涙)私に

優しい友人が、ドラマなどをパソコンで見れるようにと

いつも録画してくれている。感謝。


先日、

最終回だった『1リットルの涙』。

かなり号泣。。。(^^ゞ



病気、障害などを宿命で背負って生まれてきた方というのは

魂のレベルがかなり高い方だと、以前紹介した本に書かれてある。



自分が障害を抱えていることで得たものを

多くの方へ伝えることができる。

五体満足、尚且つあまり壁を感じることがナイ方では

なかなか得られない気づきであると思うし、

いかにして生きるか?とかどう生きるか?生きるとは何か?

などという、究極ともいえることに、気づかざろう得ない。



私が関わっているある保育園では、障害児教育を取り入れている。

だからいろんな障害を持つ子供達がいる。


行事などで子供達と一緒に過ごすことがあるけど

毎回感動させられる。

どの子も分け隔てなく活動にも参加し、

当たり前のように、できることをしているのだが、

障害というネックをまったく感じさせないというか

すごく自然なのである。


かなり学んでいる先生方はもちろんのこと、

子供同士の関わり方には、はじめ戸惑いを覚えた。


そこに、同情というものはナイ。

共感だけである。

つまりどこまでも対等。


障害のために、どうしても今の時点ではできない、

ということだって当然あるのだが、

そういう面では、当たり前のように手を貸すが、

頑張ればできることなどには、手を貸さない。



はじめてその園を訪問した時、長い階段を

手も足も肘、膝くらいまでしかないA君が

必死で登っているところに出逢った。

私も登る途中だったが、足元で頑張るA君に

手を貸そうとしたが、いきなり抱くのもいかがなものか、、

ふと周囲を見ると、子供達がどんどんA君のわきを

トントントントンと当たり前のように追い越して登って行く。

『ちょっとあんた達冷たくない?』と思っていたら、

立ち止まっている私に気づいたA君が私を見上げた。


まるで太陽のような満面の笑顔。

手を貸してなどという表情ではなく、

『やぁ!』という心からの歓迎の笑顔。



そして、何事もなかったかのようにまた必死で階段を登りだした。

突然の眩しい笑顔に呆然とする私。ハッとした。。


このA君には、その後も多くの感動をもらったし学ばせてもらった。

私のこれまで障害者に対する偏見を、見事に覆してくれた。

奇跡を見せてくれて、勇気や生きるということを深い部分で

わかりやすく教えてくれた、人生の先生である。


彼は今はもう園にはいないけど、きっとこれからも

普通だと途方もないと思えるような苦労や困難に対して、

いともなく乗り越え、奇跡を起こし続けていくのだろうな。



魂を磨くこと、魂の成長を促す事象は、きっと雑然とした生活の中に

多くあるのだろうけれど、根っこで気づいていても、

なかなかできない自分を、情けなく思う。

でも彼の笑顔を思い出すたび、そうだった!と氣を入れ替えている。


まだまだ魂一年生ね。(^^ゞ



開運吉方位!
○。Fortunate cafe。○











この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blog_kaiun/50458416
この記事へのトラックバック
1リットルの涙もついに最終回。 亜也は・・・
1リットルの涙 最終話 「遠くへ、涙の尽きた場所に」【凡人の平凡な日記】at December 23, 2005 19:02
この記事へのコメント
僕もすこしづつでも魂を磨かねば〜〜〜〜っ♪
がんばっろっと(^^)/
Posted by ひろぴょん at December 23, 2005 11:42
とってもあったかいものを持ってらっしゃいますよね。
励まされました。
わたしもじっくり、しっかり毎日を創ってゆこうって。
ありがとうございます。
Posted by pina at December 23, 2005 18:49