January 31, 2006

■自分で占いを繰る!

占いは道具である。

ということを、常日頃からあちこちで言っています。

別にこんなこと、当然なのですが、
意外とそうではナイのですね。



人の心には意識と潜在意識とがあり、意識は氷山の一角でしかなく、
大半は潜在意識によって占められていると言われます。
だから、人生は潜在意識によって創られていると。。。


たとえば、『こうすべきだ』
という意識があっても、何かしら邪魔する感がある。

いろいろなことが重なり、なかなかその様にできない。


こんな時ってありますよね?
たぶん、本当はやりたくないんでしょうね〜^^;


たとえその、『こうすべきだ』の状態が
望むことだとしても、そこまでの過程がイヤだとか。。


私なんて、たびたびありますよ。
そして、自分を誤魔化し続けていると、いよいよ
バランス崩したりなんてこともありますね。


でも、『こうすべきだ』状態になりたい!



そんな時は、『こうすべきだ』状態になりきる(笑)

そして、その過程を思い切り楽しんでしまう♪


期限があったり、面倒な作業であったり、
いろいろ挫折しそうな場面は多々あるのですが
とにかく既に『こうすべきだ』状態になったのを思い描く。

すると、こうすべきだは確実に近づいてきます。



潜在意識は、コントロールし難く、
つい、願望とは裏腹なことを刻んでしまうことは
多々あります。


そこで恐いのが占い。

占いは使える便利な道具です。

でも、他人の手や意識・潜在意識によって、または、
聞く側の意識・潜在意識によっても、かなり歪曲されてしまう
可能性があるのですね。


これ、皆さん気づいてないかもしれないけれど、
意外と多く根深いものがあったりします。



ところで、、、最近鑑定三昧な日々を送っています。。。
・・・ネットでは鑑定しないよって言い放ってるはずですが(汗)

星の数ほどある占いサイトの中から、わざわざ私なんかのもとへ、
ご相談下さることに、本当に心から感謝しています。m(__)m


しかし!?
皆さん、既にどこかで鑑定なさった方ばかりのようです(笑)

メールには、しめし合わせたかのように(笑)

『私、○○星なんですけど、○○の傾向があるのですか?』
『○○では、今年からかなり悪く結婚は避けるべきでしょうか?』

・・・などのフレーズが冒頭に掲げられています(笑)


苦笑しつつも、
いろんな占術があるもんだ(爆
いろんな解釈があるもんだ(爆

自分の鑑定に活かせるようにと、吟味させて頂いております。


自分の人生ですよね。
しっかりと自分を持ち、自分はどうあるべきか?どう選択すべきか?
それは自分しか答えられません。

占い師の言葉なんて、抽象的でしかナイはずです。
一つの暗示には、相当の要素的ものが秘められています。

それをヒントにして、自分で人生を創っていく。
吉か凶か?という線でくくってしまわないで下さいね。


凶的な言葉は心に刻みつけられる率が高いように感じます。
それは、先の潜在意識を動かすことがあるかもしれません。

目に見えないことを探る一つの道具ではあっても、
それをどう活かすかは、あなた自身ですから。


鑑定される側である以上、
生年月日などのデータから導きだす暗示、言葉を選ぶのは他人。
慎重に挑まないと、つい判断を間違える可能性も無いとは言えません。


それを避ける唯一の方法は、自分が占いを知ること。
そして、占いを自分で繰って、自分で推察できること。

そんな思いで、講座を作りました。
誰でも簡単に早く鑑定できるよう、工夫したつもりです。

いっそのこと、自分で占いを繰ってしまえ!(笑

という気持ちで出来ました。ふざけてません(笑

いろんな占い師の方や関係者に今、考察して頂いてます。
どんな風に斬られるのか、袂を正して冷や汗が。。。


想いが沢山の方へ届きますように・・・



開運吉方位!
○。Fortunate cafe。○


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blog_kaiun/50561063