December 19, 2009

■【め】メリークリスマス☆

74e5e5a0.jpg











あいうえお【め】

お題【メリークリスマス】




クリスマスといっても、
そんな特別な想いも思い出もナイけど、

ちょっとタイミングがピッタリだし♪




子供達はいいですね〜、もうすぐサンタがやってくる。



私の子供時代、サンタなんて一度も来たことありません(笑)

不思議だとも思わなかったのは、おそらく今みたいに
サンタが来ることが当たり前じゃなかったからだと思うケド。


でも、たとえ今みたいに、サンタが当たり前な時代だったとしても、
たぶん、来なかったと思います(笑)

私の両親は、何というか、行事ごとをほとんどしない主義だった(汗)



毎年の行事ごとって、『季節感』を味わえるなかなか良いものだと
大人になった私は思うケド、


『季節感は、自然で味わえ』的な家風でした。


だから、自然へはよく連れてってくれましたね。

海に山に、キャンプやハイキング、散歩から旅行まで、
そういう楽しみは結構味あわせてもらいました。

旅行といっても、テーマパークなどではなく、やっぱり大自然的なとこ(笑)



人間、育てられたように育つワケで、大人になった私も、
散歩に行くにも旅行に行くにも、やっぱり自然の中ばかり。

人工的なテーマパークや人込みがスッカリ苦手になってしまった。



あと、行事ごとも含め、どこか宗教めいたモノを
一切受付けない親だった。


そうそう、

高校はミッション系だったのですが、
入学式当日、同行してくれた母親は、
校内にある講堂で行われたミサの最中、
気分が悪くなり、ひとり座り込んでいた(汗)



私的には、その厳かな雰囲気がなかなかいいじゃん♪と感じたのに、
母曰く、「眩暈がした:汗」とのこと。



宗教的なことは大嫌いなのにも関わらず、
母は、見えないモノが見える人だった。


母が体験してきた不思議な話もよく聞かされた。
自分を産んだ親が言うことだから、子供はそのまま信じてしまう(汗)


見えない世界が存在するということは、
もう幼い頃から当たり前のように認めていたと思う。

ただ、脅かしたりする類のものは、嫌いだったけど。

その当時も、よくそういう系のテレビ番組があってたんですよね。
あーゆーのは、キライだった。



母はよく、体験した戦時中の話や、ナチス・ドイツの、
ヒトラーの残酷な話も語って聞かせてました。
それも、ドキュメントの本に載っている写真を見せながら。。

今、その本は手元にはナイけど、
ガス室に送られる女性や子供の長蛇の列は、まるで実体験した記憶かのように
頭に残っています。


人間がどうして、こんなに残酷になれるのか、
幼い心にとんでもない地獄絵図を描かせてくれてました(汗)



そういう親達から、家訓といえるほど強く伝えられたことは、


【いかなる宗教にも属するな】



ということでした。



そして、とても可愛がってくれた大好きな祖母がくれた形見は、


『どの宗派でもなく、すべての教義の大切な部分だけを抜粋した経本』




イヤでも、囚われるワケにはいきません(汗)


好奇心旺盛ですから、いろいろ齧りに行きますが、
囚われることには、とても敏感に育った感じ。


でも、これは今はとても感謝してる。


何にも囚われない自由を満喫できる、
という幸せを教えてもらった。



生きてるだけで、ただでさえ様々な枠がありますからね、
不必要な枠や、抜け出すことが困難な枠はできるだけ避けたいモノです。


何一つ枠がなくても、自分であることには変わりないワケで、
枠がなくては生きられないような人生は歩みたくないし、
そんな他力的な世界は、到底真実とはかけ離れたものだと思ってます。



すべての答えは自分の心の中にある。

気付くべきものは、目の前にある。

気付かせてくれる助けは、すべて目の前に揃ってる。

決して枠ではなく、自分自身。









・・・って、クリスマスの話が、何でこんなことになったんでしょう??


よくわかりませんが(^^; せっかくのお祭り気分、

思う存分楽しんでしまいましょうっ♪




メリークリスマスっ☆






▼開運サイト
あなたの夢を叶える開運法
○。Fortunate cafe。○

▼運命鑑定サイト
―未来は自分で切り拓く―
占い・スピリチュアル鑑定Unmei〜運命〜

▼鑑定サイト
幸せになるための鑑定
電話占いネット



▼開運メルマガ!
 チャンスを掴みたい方・幸せになりたい方、必見です!

『夢を叶える開運法』〜幸せになる術〜 (ID:0000169521)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム


解除フォーム




Posted by blog_kaiun at 00:43│占い | つれづれ