October 05, 2013

■不思議な小鳥

山





昨日、山でプチ遭難?しました(汗)



午前中、メールチェックだけ済ませて、
用事ついでに、秋を見つけに行こうっ♪と、
少し郊外へドライブに出かけました。


半島の先端近くの海まで一周できる国道。
一周の半分は海岸沿いで、半分は山を通る道。

海側よりも山側のほうが秋を見つけやすいだろうと、
山側の道を選びました。

海岸沿いとは反対の山側の道路は、ガラ〜ンとしていて
たまに農家の軽トラックとすれ違うくらい。


景色を脇見しつつゆっくりノンビリ車を走らせながら、

「曇り空なのが残念だなぁ〜」

とつぶやいた時、小さな看板を発見。



【○○○いこいの里】



看板の先を見ると、なだらかな上り坂が続いてる。。


よし、行ってみよう♪



これがいけなかった。。。?(涙)



なだらかな上り坂の途中までは、民家もあり畑もあり、
のどかな雰囲気だったんだけど、走っても走っても
なかなか「いこいの里」らしきものが現れない。


そのうち完全に山道へ突入。



・・・?

何だか道路の雰囲気がおかしい。。
枯れ葉が多すぎる。

あまり車が走ってないってこと?(汗)


これはマズいかもしれない・・・
いやいや、もうかなり走ったしそろそろ着くはず。


この自問自答を数回繰り返しながら、、


だんだんと道幅が狭くなってきた。



対向車が来たらどうしよう?(怖)
Uターンできるとこなんてないし。。
このまま進むしかナイの・・・?(涙)



どこまで走っても、
「いこいの里」らしきところに着かない。



進んでも進んでも何もない薄暗く狭い山道。
枯れ葉だらけ。。。


途中、「ドンっ!」と車の側面に何かがぶつかった。

木の枝か何かが枯れ葉に隠れていたのだろう、
それを気づかずに踏んでしまった感じ。


ドキッ!とするのが超苦手なのに・・・(涙)
私はすでに半泣き状態(涙)


実は「いこいの里」なんて、もうどうでもよくて
何でもいいから早く下界に降りたくて。。(汗)


この半泣き状態の中、恐る恐る車を進めながら、
木々の間から一瞬、遠くの明るい下界が見えた。


たった一瞬の、あまりの絶景に驚いた。
いま、自分がかなり高い位置にいるということ。


これだけ長い時間のぼってきたのだから当然だ。
・・・改めて怖い・・(汗)


絶景は瞬時に頭から消え去り、再び枯れ葉だらけの山道を・・・


しばらく行くと、三叉路に突き当たった。

右か?左か?
どちらへ行けばいいのかわからない(涙)
すると小さな看板が見えた。


あわてて見やすい位置まで進むと、
三叉路に示されている小さな看板は、
そもそも私が目的としていた「○○○いこいの里→」と書いてある。


ところが。
「○○○いこいの里→」の看板に書かれた矢印は
私のほうを指しているではないか!?(汗)


つまり私は通り過ぎてきたってこと??

・・・(汗)



もう、そんなことはどうでも良かった(涙)
とにかく下りたい!(涙)


直感だけに頼って右側の道を選び、車を進めると
さらに道幅が狭くなってきた(怖)


道路の陥没で車体が揺れるたびに泣きたくなり
枯れ葉で道の端もわからない恐怖(涙)

もうイヤになってブレーキをかけた時だった。


黄緑色のキレイな小鳥が飛んできた。


-------------------
私は鳥に詳しくないので何の種類かわかりません。。
羽の部分はスモーキーブラウン?で全長15cmくらい?
頭〜体に黄緑色が印象的な感じです。

この小鳥、たぶん同じ種類だと思いますが、
いつも通う海でも帰り道の森の中で毎回会います。
よくいる鳥なのかな?町中では見かけません。
-------------------


黄緑色の小鳥は、最初、私の車の前を飛び
数メートル先の道の真ん中に下りました。


私はジワジワと車を進め、
車のフロントで小鳥が見えなくなる直前で

「ほら危ないよ〜」とつぶやくと同時に小鳥が飛び立ち、
また数メートル先の道の真ん中にとまりました。



そして、またジワジワと車を進め、
車のフロントから小鳥が見えなくなる瞬間に飛び立ち、
また数メートル先の道の真ん中にとまるのです。



・・・もしかして?



よくありそうな話ですよね(汗)
私もそんな単純じゃありませんので、
これが1〜2回程度なら単なる偶然だと思います。


でもこの小鳥は、ほぼ下界近くの道路まで
これを繰り返したのです。あり得ませんよね?


途中分かれ道もありましたが、
私はまったく迷うことなく、小鳥が真ん中に下りる道へと進みました。
この繰り返しですっかり信用したのでしょうね、不安も消えてました。


木々の間からやっと明るい下界が見える道路に出た時、
小鳥は空へ飛んで行きました。

大きな安堵と嬉しさで、
その時私は、小鳥を見上げて心からお礼を伝えました。


下界へ出た時の景色(嬉涙)

山2





面白いことがあるんですね〜
あんな不安だらけの中から救ってくれるなんて、
心から感謝ですね。


そういえばこの小鳥。(同じ種類)
いつも海からの帰り道(森)で毎回会います。

道の真ん中に下りたりはしませんが、
車の前を飛んでいます。

そういう習性がある鳥なのかな??
鳥の図鑑を検索して見てるけど、どれかサッパリわからない(涙)
似てる氣がしても、生息地が全然違うし。。


よくわからないけど、自然に感謝!の出来事でした☆



■開運したい方必見☆無料開運メルマガ!
 開運コンテンツをいち早くお伝えします<不定期発行・購読無料>
【夢を叶える開運法】〜幸せになる術〜


■自分も周囲も幸せにする「幸せな占い師」を目指す!
占い師になる!『36時間プログラム』Fortunate初級講座


■開運方位!無料公開サイト
あなたの夢を叶える開運法 ○。Fortunate cafe。○




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blog_kaiun/51871920